別冊

2010年首都圏の春2010/04/11 18:22


2010年首都圏は春
恵比寿の駅ビル内の書店『Y堂』に行った。
探し物は見つからなかったが、目に付いてしまった本があった。
とはいえ文庫本である。
「1102円でございます。カバーはどちらにされますか?」
胸に『研修』のバッチを付けている。初々しい季節である。
『Y堂』はカバーをつける時には10色ほどの色の中から、お客様に選ばせるのである。
こちらは、特に気に入るカバーがあるわけでもないので、いつも右端を指定する。
1万円と5円を出した。しばらくお待ちください、という。
書店のレジでは、「1万円入りまーす」などとは言わない。
「こちら大きいのが8千円と、」8千円とレシートを受け取る。
「こちら小さいのが903円でございます」と言うのである。
初々しい社会人、おじさんはついつい声を掛けてしまいたくなるのである。
『あのね、大きくないお金は細かいというんじゃないの?』
冗談のつもりも含めていたので、こちらは笑って言ったつもりだったが、
研修中のその若い女性店員(新人社員)の顔は、笑顔を作ろうとしたまま引きつった顔になってしまった。
2010年首都圏は春爛漫。奥会津の雪融け頃には新社会人の笑顔もほころぶかな。


恵比寿駅東口。


おまけ

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yebijin.asablo.jp/blog/2010/04/11/5011058/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

別冊