別冊

160812_奥会津散歩・小中津川から下中津川2016/08/30 01:52

2016年8月12日。
小中津川から下中津川まで、夕方の散歩。

160812_奥会津散歩・小中津川から下中津川


無人販売所。







新一郎さんがご自宅の階段の上で夕涼みをしていらっしゃった。
今年は村では、熊の話はとんと聞かない。猪と鹿。
猪はからむし畑にももぐっているとか。



日に当たる茗荷(みょうが)。









ヤナギ?
小中津川にもある。



熊野神社。





新盆のある家で立てる高灯篭(たかとうろう)。
亡くなられた方がお盆に戻ってくるときに、慣れていないので目立つように。
風習としてもすたれてしまったかも知れないが、集落によってする所と昔からしない所があるらしい。
奥会津昭和村としてくくってしまうと、その中でどこででもしている訳ではない。
他所から見れば似通いながらも、もともとは7つ程の村があり、それぞれの文化風習があったのです。
墓参りの風習などは、特に違う。

そして、高灯篭などは、その柱としての木(杉の木)の入手(伐ってくるのです)が、し難くなったのです。
高齢化の所為もありますが、それよりも、杉林に植林する人などがもういない。
杉林から若い木を間伐していたのです。
その間伐する若い杉が山林には無いのです。
杉林はあっても殆ど太すぎる杉ばかりになってしまった。

こうした杉の若木は、稲を天日干しする稲架(ハゼとかハザとか)を作る細木としても使われていた。
今、こだわる農家は稲の天日干しもするが、その構築材料は殆ど鉄パイプなどになってしまっている。

しかし、鉄パイプで構築した高灯篭はまだ見かけたことが無い、わたしが見たことが無いだけかもしれない。


160812_奥会津・小中津川と中津2016/08/29 00:48


160812_奥会津・小中津川と中津
トウモロコシのネットを外した翌日の畑。
もいでそのままその場所で食べているわけでは無いらしい。
食べやすい場所で喰い散らかしている。










ネットをしなくても被害にあわないトウモロコシ。
巡回コースでは無いらしい、後で訊いてみると、このトウモロコシは品種が違うらしい。


たっちょうば。

“中津彦神霊”

この墓石に“中津”の文字がある。
地名由来かどうかは判らない。


正面左側、削られたのだろうか。





文化十一年とある。





台座の意匠。









160723_奥会津にて・からむし織の里フェア風景22016/08/20 02:21

2016年7月23日、奥会津昭和村。
からむし織の里フェア風景。

160723_奥会津にて・からむし織の里フェア風景2

元会津若松市長、現国会議員の菅家一郎さんが会場にいらっしゃった。
初めは、怪しげに(^^;


挨拶をして撮影許可を得ると、すかさずポーズをとって下さった(^^;


「facebookでトモダチにさせていただいている五十嵐です」とご挨拶。

facebookのコメントでしか、お話したことがありませんでしたが、覚えていてくださってありがとうございました(^^;。こら!











道の駅の駅長さんは、村の織姫の一期生。舟木さん。





160723_奥会津にて・莚(むしろ)編み2016/08/20 01:49

からむし織の里フェア風景
からむし工芸博物館にて

ロビーでは、村内に残っていた、莚(むしろ)編みの道具を出して、藁を使った莚(むしろ)作りの実演(と希望者は体験)をしていた。
ところが、この道具で使っていた実際の稲藁の長さなどは、誰もご存じなくなっているらしいのだ。

藁の莚(むしろ)作りワークショップ

160723_奥会津にて・莚(むしろ)編み










on facebook
藁の長さについての、皆さんの議論はとても深い話だと思いました。
みんなが、少し頑固に“おらほ”のやり方を知っている。



on facebook
「あわせて、おろして、トントン!」
そうだ、力でおろすのではないのです。
握りを水平にすれば、ストンとおりるのです。

ナマ須田さんに、お会いできました(^^;






160723_奥会津にて・からむし織の里フェア風景12016/08/19 04:58

2016年7月23日、奥会津昭和村にて。

160723_奥会津にて・からむし織の里フェア風景1








道の駅(織姫交流館)にて







隣町企画の商品など







ナミ姉が今年も地機織の実演と来訪者への説明と応接をしていらっしゃった。
後刻にもう一度お邪魔する事にする。





苧引(おひき)き





160723_奥会津にて・喰丸小学校へ52016/08/19 04:24


2016年7月23日、奥会津昭和村にて。

【「栗木みのる」さんの作品の朗読会】

喰丸小学校では、この朗読会と、古布を使ったワークショップ(即売会)や、映画会も。

160723_奥会津にて・喰丸小学校へ5




校舎内





朗読会会場の教室。





どうにもディープな人々が集るらしい。
そして、皆さん、私のような安直デジカメではない、カメラをお持ちなのである。
勿論、普段は入れない喰丸小学校の校舎内を開放しているので、それを目当ての方々なのでしょう。




朗読をされる、むかいさとこさん。
むかいさんは、「昨日見かけたへんなおじさん、何故ここに?」てなことで、びっくりされていらっしゃる(^^;




政一さんが仕切って、「朗読会場では撮影はご遠慮願いたし」、写真を撮りたい人はここで、ということで、皆さんはここでバシャバシャバシャと。







栗城好次さん。
好次さんは、栗木みのるさんはの叔父さんにあたる。



隣の教室のワークショップ「アトリエ糸糸っぴき」








いとこのY氏も、聴講に来ていた。
歩いて佐倉まで行くつもりでいたが、「乗ってけ」と誘われて、乗せてもらって、佐倉のからむし織の里フェアへ向かう。



160723_奥会津にて・喰丸小学校へ42016/08/18 01:40

2016年7月23日、奥会津昭和村にて。

【喰丸集落へ】

160723_奥会津にて・喰丸小学校へ5


木イチゴ。
喰丸集落に入る道路脇のやぶで見つけた。




田んぼの水抜き口?
この部分にだけ、棒を挿して空き缶を被せている。
普通の案山子(かかし)とは思えない。
弱い部分にモグラでも入るのでしょうか。
風に揺られて缶が音を出すのか。
缶が揺られて、棒に振動が伝わるのか。
モグラが土を掘ると、その振動で缶が鳴り出すのか。
それとも、水抜き作業を他の方に依頼していて、水抜き口の場所が判りやすいようにしているとか、それなら棒は1本でもよいし、、、
ビールを飲みながら巡回して空き缶を被せていくと、水抜きをした回数が判るとか、んなことはないか(笑)
ということで、よくわかりません。




田んぼの取水口。
でもこちらには棒は立てていない。
堀を堰き止めて、水高を調整できるので、取水と排水も出来るような気がする。
すると、前の写真は、水抜き口ではなくて、田の畦が崩れたか、動物に侵入されて壊されたのでしょうか。


この灯籠の位置から喰丸集落の民家がある。住居域の境ですね。
左奥の山裾には神社があるので、参道の位置かも知れません。





ここが、喰丸小学校。


別冊