別冊

糸婁 糸侖 (北越雪譜)2018/02/14 22:22

北越雪譜初編 巻之中
   越後湯沢 鈴木 牧之 編撰
   江  戸 京山人百樹 刪定

 ○糸婁●(いとによる)

 糸に作るにも座を定め体(たい)を囲位(かたむ)る事績(うむ)におなじ。縷●(いとによる)その道具その手術(てわざ)その次第の順、その名に呼物(よぶもの)許多種々(いろ/\さま/”\)あり、繁細(はんさい)の事を詳(つまびらか)にせんはくだ/\しければ言(いは)ず。そも/\うみはじむるよりおりをはるまでの手作(てわざ)すべて雪中に在(あり)、上品に用ふる処の毛よりも細き糸を綴兆舒疾(しゞめたりのべたり)してあつかふ事雪中に籠り居(を)る天然の湿気(しめりけ)を得ざれば為し難し。湿気(しめりけ)を失へば糸折(をれ)る事あり。をれしところ力よわり断(きれ)る事あり。是故(このゆゑ)に上品の糸をあつかふ所は強き火気を近付(ちかづけ)ず。時により織るに後(おくれ)て二月の半(なかば)にいたり暖気を得て雪中の湿気(しつき)薄き時は、大なる鉢(はち)やうの物に雪を盛(もり)て機(はた)の前に置(おき)、その湿気(しつき)をかりて織る事もあり。これらの事に付(つき)て熟思(つら/\おもふ)に、絹(きぬ)を織(おる)には蚕(かひこ)の糸ゆゑ陽熱を好(このみ)、布(ぬの)を織には麻の糸ゆゑ陰冷(いんれい)を好む。さて絹は寒に用ひて温(あたゝか)ならしめ、布は暑(しよ)に用て冷(ひやゝ)かならしむ。是(こ)は天然に陰陽の気運に属(しよく)する所ならんか。件(くだん)の如く雪中に糸となし、雪中に織(お)り、雪水に洒(そゝ)ぎ、雪上に●(さら)す。雪ありて縮あり。されば越後縮は雪と人と気力相半(あひなかば)して名産の名あり。魚沼郡(うをぬまこほり)の雪は縮の親といふべし。蓋(けだ)し薄雪(はくせつ)の地に布(ぬの)の名産あるよしは糸の作りによる事也。越後縮に比べて知るべし。
「校註 北越雪譜」野島出版より(P.63~64)

 ・ ・ ・

 ○糸婁 糸侖(いとによる)

|| 糸に作るにも座を定め体(たい)を囲位(かたむ)る事績(うむ)におなじ。縷●(いとによる)その道具その手術(てわざ)その次第の順、その名に呼物(よぶもの)許多種々(いろ/\さま/”\)あり、繁細(はんさい)の事を詳(つまびらか)にせんはくだ/\しければ言(いは)ず。

 〈糸に仕上げる〉
■ 糸に仕上げる(糸縒り、いとより)場所も決まっていて、姿勢を正してすることは績む作業と同じく言うまでもありません。
糸縒りの道具やその仕方や順序など、それらの道具や作業工程の名前(呼び方)は色々様々にあります。
とてもこまごまするので、ここで書いてもくだくだしくて煩わしいので省略します。

※“糸婁”“糸侖”でそれぞれ一文字。
※(本書説明文より抜粋)
【いとより】苧桶にたぐりこんだ糸を、手代木(てしろぎ)で紡錘(つむ)をすって回転させ、これによって縷(より)をかける工程。

||そも/\うみはじむるよりおりをはるまでの手作(てわざ)すべて雪中に在(あり)、上品に用ふる処の毛よりも細き糸を綴兆舒疾(しゞめたりのべたり)してあつかふ事雪中に籠り居(を)る天然の湿気(しめりけ)を得ざれば為し難し。

 〈織り終るまでの手業全て雪中にあり〉
■紵績(をうみ)から始まって織り上げるまでの工程は全て雪のある冬の季節の手作業なのです。
高級な縮に使用する糸は髪の毛よりも細いのです。
それを〔しじめ〕たり延ばしたりして作業をするので、雪中に篭っている自然の湿り気がないと出来ない作業なのです。

||湿気(しめりけ)を失へば糸折(をれ)る事あり。をれしところ力よわり断(きれ)る事あり。是故(このゆゑ)に上品の糸をあつかふ所は強き火気を近付(ちかづけ)ず。

■その湿り気がないと、糸は途切れてしまったりするのです。
切れた個所は弱くなるので裂けてしまうこともあります。
それなので、上品物の糸を扱う場所では、(暖房の)火の近くなどはもってのほかなのです。

||時により織るに後(おくれ)て二月の半(なかば)にいたり暖気を得て雪中の湿気(しつき)薄き時は、大なる鉢(はち)やうの物に雪を盛(もり)て機(はた)の前に置(おき)、その湿気(しつき)をかりて織る事もあり。

■時によっては、織りの作業が遅れて二月半ばになってしまったりすると、雪の湿気が薄くなったりします。
その時には、大きな鉢のような入れ物に雪を盛って機織(はたおり)機の前に置いて、湿り気の調節をして織ることもあるのです。

||これらの事に付(つき)て熟思(つら/\おもふ)に、絹(きぬ)を織(おる)には蚕(かひこ)の糸ゆゑ陽熱を好(このみ)、布(ぬの)を織には麻の糸ゆゑ陰冷(いんれい)を好む。

 〈糸の陰陽について〉
■これらの事象について、我(京山)熟考するに、絹は陽布は陰、ということじゃな。
絹は蚕の糸(動物性)なので陽熱を好み、布は麻糸(植物性)なので陰冷を好む、と、これでどじゃ。

||さて絹は寒に用ひて温(あたゝか)ならしめ、布は暑(しよ)に用て冷(ひやゝ)かならしむ。是(こ)は天然に陰陽の気運に属(しよく)する所ならんか。

■そして、絹は寒いときに着れば暖かくなり、布は暑いときに着れば涼やかになるのですな。
これは、まさに天然自然の陰陽和合に叶う事ではないか。

||件(くだん)の如く雪中に糸となし、雪中に織(お)り、雪水に洒(そゝ)ぎ、雪上に●(さら)す。

 〈ついでにキャッチフレーズ(笑)〉
■かくの如く、「雪中に糸となし 雪中に織り 雪水に濯ぎ 雪上に晒す」。

※●:“日麗”で一文字。

||雪ありて縮あり。

■ 雪 あ り て 縮 あ り

||されば越後縮は雪と人と気力相半(あひなかば)して名産の名あり。魚沼郡(うをぬまこほり)の雪は縮の親といふべし。

■このように、越後縮は、雪と人と自然の気との調和があってこその名産の名前となるのです。
魚沼郡の雪は、縮の親ともいうべきでしょう。

||蓋(けだ)し薄雪(はくせつ)の地に布(ぬの)の名産あるよしは糸の作りによる事也。越後縮に比べて知るべし。

■たしかに雪の降らない地方でも布の名産地がありますが、それは糸の作り方に依る事でしょう。
このことは、越後縮と比べてみれば一目瞭然に判断がつくことでしょう。



別冊