別冊

雪中の火(北越雪譜)1/32018/02/02 00:50

北越雪譜初編 巻之中
   越後湯沢 鈴木 牧之 編撰
   江  戸 京山人百樹 刪定

 ○雪中の火 1/3

 世に越後の七不思議と称する其一ツ蒲原郡(かんばらこほり)妙法寺村の農家炉中の隅石臼(すみいしうす)の孔(あな)より出(いづ)る火、人皆(みな)奇也として口碑につたへ諸書に散見す。此火寛文年中始(はじめ)て出(いで)しと旧記に見えたれば、三百余年の今において絶(たゆ)る事なきは奇中の奇也。天奇を出す事一ならず。おなじ国の魚沼郡(こほり)に又一ツの奇火(きか)を出せり。天公(てんたうさま)の機状(からくりのしかけ)かの妙法寺村の火とおなじ事也。彼は人の知る所、是は他国の人のしらざる所なればこゝに記(しるし)て話柄(はなしのたね)とす。
「校註 北越雪譜」野島出版より(P.45~47)

 ・ ・ ・

 ○雪中の火 1/3

|| 世に越後の七不思議と称する其一ツ蒲原郡(かんばらこほり)妙法寺村の農家炉中の隅石臼(すみいしうす)の孔(あな)より出(いづ)る火、人皆(みな)奇也として口碑につたへ諸書に散見す。

■ 〔越後の七不思議〕といわれるその一つに、「蒲原郡妙法寺村の隅石臼」がある。
それは妙法寺村の農家の竈の傍の隅石臼の穴から火が燃えているのです。
この話は不思議なこととして、言い伝わり諸書にも見かけます。

||此火寛文年中始(はじめ)て出(いで)しと旧記に見えたれば、三百余年の今において絶(たゆ)る事なきは奇中の奇也。天奇を出す事一ならず。

■この火は寛文時代の頃に初めて火が出てきたと、古文書にもあるので既に三百年経過しても萌えつづけているという奇妙な事例です。
天がこのような奇瑞を顕すのは一つではない。

||おなじ国の魚沼郡(こほり)に又一ツの奇火(きか)を出せり。天公(てんたうさま)の機状(からくりのしかけ)かの妙法寺村の火とおなじ事也。彼は人の知る所、是は他国の人のしらざる所なればこゝに記(しるし)て話柄(はなしのたね)とす。

■同じく越後の国は魚沼郡にも不思議な火を出している場所があるのです。
お天道様の仕掛けは、妙法寺村の火と同じ仕組みです。
妙法寺村の火は有名ですが、魚沼郡の火のことは他所には知られていないのでここに話のタネとしてご紹介しましょう。



石油のこと2018/02/02 00:54

吉村昭氏の「虹の翼」に書かれている石油の話。

 石油のことが初めて記録されたのは、「日本書紀」である。
(《虹の翼》P.307)

 天智天皇七年(六六八)のくだりに、「越國獻燃土與燃水」とある。越国とは越後(新潟県)で、撚土は石炭、撚水とは石油のことである。さらに、「和訓栞」によると、石油は臭水(くさみず)といわれ、黒川村の十間四方の池に臭水がうかんでいることが記されている。が、それは灯火などに使うことなく、神秘的なものとして扱われているにすぎなかった。
(《虹の翼》P.307)

 江戸時代に入ると、正保元年(一六四四)に真柄仁兵衛という男が、越後の蒲原(かんばら)郡柄目木村で石油が出ることを確認した。かれは、二年後に南蒲原郡妙法寺村の庄右衛門という旧家の敷地内で、地中から異様なガスが出ているのを見出した。かれは、試みにそれに火を近づけたところさかんに燃えはじめたので、大いに喜んだ。そして、その湧出孔のところに臼をかぶせ、臼に穴をうがって竹筒を突き入れ、筒から出るガスに点火した。その火の明るさは、三百目ローソクと同じ程度であったという。
(《虹の翼》P.307)

 幕末になると、石油の存在が外国人の口からひろくつたわった。岸田吟香は、医師ヘボンに師事して辞書の編纂にしたがっていたが、ヘボンに越後の臭水のことを話した。ヘボンは、それは石油かも知れぬと言い、岸田はすぐに越後から取り寄せ、鑑定を求めるためアメリカへ送った。その結果、それはペンシルバニア産のものよりも上質の石油であることがあきらかにされた。ついで、越後の人である石坂周造が、新潟県の石油について鋭意研究し、明治六年、油井を開く機械をアメリカから買い入れ、石油採取に着手した。
(《虹の翼》P.307~308)

 その頃にはアメリカのスタンダード社から石油が輸入されるようになり、明治七年にはランプも輸入されて灯火油として普及していった。しかし、木造家屋ばかりの日本では使用をあやまって火災事故が続発し、安達徳基が発火性の少ない安全火止石油と称するものを売り出したりした。石油は灯火用とされていたが、石油発動機はすでに明治十七年に初輸入されていた。忠八は、そのことに気づいてはいなかった。
(《虹の翼》P.308)

『虹の翼』吉村昭・文春文庫より

www.kkjin.co.jp/boso010_131118.htm


雪中の火(北越雪譜)2/32018/02/02 01:02

雪中の火(北越雪譜)2/3

北越雪譜初編 巻之中
   越後湯沢 鈴木 牧之 編撰
   江  戸 京山人百樹 刪定

 ○雪中の火 2/3

 越後の魚沼郡五日町といふ駅に近き西の方に低き山あり、山の裾に小溝在(あり)、天明年中二月の頃、そのほとりに童(わらべ)どもあつまりてさま/”\の戯(たはむれ)をなして遊倦(あそびうみ)、木の枝をあつめて火を焚(たき)てあたりをりしに、其所よりすこしはなれて別に火?々(えん/\)と燃(もえ)あがりければ、児曹(こどもら)大におそれ、皆々四方に逃散(にげちり)けり。その中に一人の童(わらべ)家にかへり事の仔細を親に語(かたり)けるに、此親心ある者にてその所にいたり火の形状(かたち)を見るに、いまだ消(きえ)ざる雪中に手を入るべきほどの孔(あな)をなし孔より三四寸の上に火燃(もゆ)る。熟覧(よく/\みて)おもへらく、これ正(まさ)しく妙法寺村の火のるゐなるべしと火口(ひぐち)に石を入れてこれを消し家にかへりて人に語(かたら)ず、雪きえてのち再(ふたゝび)その所にいたりて見るに火のもえたるはかの小溝の岸也。火燧(ひうち)をもて発燭(つけぎ)に火を点じ、試(こゝろみ)に池中に投(なげ)いれしに池中(ちちゆう)火を出せし事庭燎(にはび)のごとし。水上に火燃(もゆ)るは妙法寺村の火よりも奇也として駅中(えきちゆう)の人々来りてこれを視る。そのゝち銭に才(かしこき)人かの池のほとりに混屋(ふろや)をつくり、筧(かけひ)を以て水をとるがごとくして地中の水を引き湯槽(ゆぶね)の竈に燃(もや)し又燈火(ともしび)にも代る。池中の水を湯に??覃(わかし)価(あたひ)を以て浴(よく)せしむ。此湯硫黄の気ありて能(よく)疥(し)癬(の)の類を治(ぢ)し一時流行して人群をなせり。
「校註 北越雪譜」野島出版より(P.45~47)

 ・ ・ ・

 ○雪中の火 2/3

|| 越後の魚沼郡五日町といふ駅に近き西の方に低き山あり、山の裾に小溝在(あり)、天明年中二月の頃、そのほとりに童(わらべ)どもあつまりてさま/”\の戯(たはむれ)をなして遊倦(あそびうみ)、木の枝をあつめて火を焚(たき)てあたりをりしに、其所よりすこしはなれて別に火?々(えん/\)と燃(もえ)あがりければ、児曹(こどもら)大におそれ、皆々四方に逃散(にげちり)けり。

■ 魚沼郡五日町という宿場に近い西方に低い山があります。その山すそに小さな窪地がある。
天明年中の二月の頃(つまり堅雪の季節)、子供たちが集まって遊んでいました。
遊び飽きて、木の枝を集めて焚き火をしてあたっていました。
すると、少し離れた場所で火炎が立ってぼうぼうと燃え上がったのです。
子供たちは吃驚して、散り散りに逃げていってしまいました。

||その中に一人の童(わらべ)家にかへり事の仔細を親に語(かたり)けるに、此親心ある者にてその所にいたり火の形状(かたち)を見るに、いまだ消(きえ)ざる雪中に手を入るべきほどの孔(あな)をなし孔より三四寸の上に火燃(もゆ)る。

■その中の一人の子どもが家に帰ってからその事を親に話しました。
その親は好奇心のある人で、その場所に出掛けてその火を見ると、まだ雪の消えない雪の原に手が入るほどの穴があいていて、その雪の三四寸上に浮かんで火が燃えているのでした。

||熟覧(よく/\みて)おもへらく、これ正(まさ)しく妙法寺村の火のるゐなるべしと火口(ひぐち)に石を入れてこれを消し家にかへりて人に語(かたら)ず、

■仔細に観察して、これは妙法寺村の火と同じ類だと思いました。
火の出る穴に石を詰めて火を消して家に帰りました。
そのことは人には話しませんでした。

||雪きえてのち再(ふたゝび)その所にいたりて見るに火のもえたるはかの小溝の岸也。火燧(ひうち)をもて発燭(つけぎ)に火を点じ、試(こゝろみ)に池中に投(なげ)いれしに池中(ちちゆう)火を出せし事庭燎(にはび)のごとし。

■雪が消えてから再度その場所に行って見ると、火が燃えていたのはその小さな窪地の溝岸の個所でした。
火打ちで付木(ツケギ)に火をつけて試しにその溝池に投げ入れてみると、池の中に燃え移り、かがり火の様になりました。

||水上に火燃(もゆ)るは妙法寺村の火よりも奇也として駅中(えきちゆう)の人々来りてこれを視る。

■水の上で燃えるとは妙法寺村の火よりも奇妙なことだと、宿場中の人びとが来てその火を見ました。

||そのゝち銭に才(かしこき)人かの池のほとりに混屋(ふろや)をつくり、筧(かけひ)を以て水をとるがごとくして地中の水を引き湯槽(ゆぶね)の竈に燃(もや)し又燈火(ともしび)にも代る。

■そのうちに、商才に長けた人がその窪地の池の近くで風呂屋を始めました。
筧(かけい)を作ってその池の地中の水を浴槽の竈で燃やしたのです。
そして、行灯(あんどん)代わりにもなりました。

||池中の水を湯に??覃(わかし)価(あたひ)を以て浴(よく)せしむ。此湯硫黄の気ありて能(よく)疥(し)癬(の)の類を治(ぢ)し一時流行して人群をなせり。

■池の水を沸かして湯にして料金をとって客に入らせたのです。
この湯は硫黄分があるらしく、疥癬(かいせん)などによく効くので、
一時は大流行(おおはやり)で大勢の人が詰め掛けました。



雪中の火(北越雪譜)3/32018/02/02 01:06

北越雪譜初編 巻之中
   越後湯沢 鈴木 牧之 編撰
   江  戸 京山人百樹 刪定

 ○雪中の火 3/3

 按(あんずる)に地中に水脈と火脈(くわみやく)とあり。地は大陰なるゆゑ水脈は九分火脈は一分なり。かるがゆゑに火脈は甚(はなはだ)稀(まれ)也。地中の火脈凝結(こりむすぶ)ところかならず気息(いき)を出(いだ)す事人の気息のごとく、肉眼には見えず。火脈の気息に人間日用の陽火(ほんのひ)を加(くはふ)ればもえて焔をなす、これを陰火(いんくわ)といひ寒火(かんくわ)といふ。寒火を引(ひく)に筧の筒の焦(こげ)ざるは、火脈の気いまだ陽火をうけて火とならざる気息ばかりなるゆゑ也。陽火をうくれば筒の口より一二寸の上に火をなす、こゝを以て火脈の気息の燃(もゆ)るを知るべし。妙法寺村の火も是也。是余が発明にあらず、古書に拠(より)て考得(かんがへえ)たる所也。
「校註 北越雪譜」野島出版より(P.45~47)

 ・ ・ ・

 ○雪中の火 3/3

|| 按(あんずる)に地中に水脈と火脈(くわみやく)とあり。地は大陰なるゆゑ水脈は九分火脈は一分なり。かるがゆゑに火脈は甚(はなはだ)稀(まれ)也。

■このことを考察すると、地中には水脈と火脈とがあるということです。
地は大陰なので水(陰)が九割火(陽)が一割といったところ。
それなので、火脈が顕れる事は滅多にありません。

||地中の火脈凝結(こりむすぶ)ところかならず気息(いき)を出(いだ)す事人の気息のごとく、肉眼には見えず。

■地下の火脈が燻り固まっている場所は必ずその気が吐き出されているのです、ひれは人の呼気と同じように、肉眼では見えない物です。

||火脈の気息に人間日用の陽火(ほんのひ)を加(くはふ)ればもえて焔をなす、これを陰火(いんくわ)といひ寒火(かんくわ)といふ。

■火脈の呼気に、人が普通に使う火(陽火)を加えると燃え出して焔となるのです。
これを陰火(いんか)とも寒火(かんか)ともいいます。
※つまるところ、火の陰陽和合ということデスナ。

||寒火を引(ひく)に筧の筒の焦(こげ)ざるは、火脈の気いまだ陽火をうけて火とならざる気息ばかりなるゆゑ也。

■寒火を筧(かけい)で引いても筒が焦げないのは、火脈の呼気はまだ陽火と混ざらないので“火”にならないからなのです。

||陽火をうくれば筒の口より一二寸の上に火をなす、こゝを以て火脈の気息の燃(もゆ)るを知るべし。妙法寺村の火も是也。

■火脈の呼気が普通の火(陽火)に交われば、筒の口の少し上で“火”になるのです。
これをもって、火脈の呼気が燃えるものである事が知れるのです。どや!

||是余が発明にあらず、古書に拠(より)て考得(かんがへえ)たる所也。

■この説はわたし(京山)の全くの独創による説ではありません。
文献を調べてそういう結論に達したということですわ。あはは。



破目山(われめきやま)(北越雪譜)2018/02/02 01:16

北越雪譜初編 巻之中
   越後湯沢 鈴木 牧之 編撰
   江  戸 京山人百樹 刪定

 ○破目山(われめきやま)

 魚沼郡清水村の奥に山あり、高さ一里あまり、周囲(めぐり)も一里あまり也。山中すべて大小の破隙(われめ)あるを以て山の名とす。山半(やまのなかば)は老樹条(えだ)をつらね半(なかば)より上は岩石畳々(でふ/\)として其形竜踊虎怒(そのかたちりようをどりとらいかる)がごとく奇々怪々言(いふ)べからず。麓の左右に渓川(たにがは)あり合して滝をなす、絶景又言べからず。旱(ひでり)の時此滝壷に●(あまこひ)すればかならず験(しるし)あり。一年(ひとゝせ)四月の半雪の消(きえ)たる頃清水村の農夫ら二十人あまり集り熊を狩(から)んとて此山にのぼり、かの破隙の窟(うろ)をなしたる所かならず熊の住処(すみか)ならんと例の番椒(たうからし)烟草(たばこ)の茎を薪(たきゞ)に交(まぜ)、窟にのぞんで焚(たき)たてしに熊はさらに出(いで)ず、窟の深(ふかき)ゆゑに烟(けふり)の奥に至らざるならんと次日(つぎのひ)は薪を増し山も焼(やけ)よと焚けるに、熊はいでずして一山の破隙こゝかしこより烟をいだして雲の起(おこる)が如くなりければ、奇異のおもひをなし熊を狩(から)ずして空しく立かへりしと清水村の農夫が語りぬ。おもふに此山半(なかば)より上は岩を骨として肉の土薄く地脈気を通じて破隙をなすにや、天地妙々の奇工(きかう)思量(はかりしる)べからず。
「校註 北越雪譜」野島出版より(P.46~47)

 ・ ・ ・

 ○破目山(われめきやま)

|| 魚沼郡清水村の奥に山あり、高さ一里あまり、周囲(めぐり)も一里あまり也。山中すべて大小の破隙(われめ)あるを以て山の名とす。山半(やまのなかば)は老樹条(えだ)をつらね半(なかば)より上は岩石畳々(でふ/\)として其形竜踊虎怒(そのかたちりようをどりとらいかる)がごとく奇々怪々言(いふ)べからず。麓の左右に渓川(たにがは)あり合して滝をなす、絶景又言べからず。旱(ひでり)の時此滝壷に●(あまこひ)すればかならず験(しるし)あり。

■ 魚沼郡清水村の奥に、高さ六百メートル、周囲も六百メートルほどの山があります。
その山は全体が割れ目だらけなので、【破目山(われめきやま)】と呼ばれます。
山の中腹までは樹林ですが、それより上は岩石が何重にも畳み重なっています。
まさに、竜は舞い虎は吼えるの図の如し、その奇々怪々のさまは言葉になりません。
山麓の左右に渓流が流れ、それが合わさって滝になります、絶景かな絶景かな。
旱魃のときには、この滝壷で雨乞いをすると霊験あらたか必ず兆しが顕れるのです。

||一年(ひとゝせ)四月の半雪の消(きえ)たる頃清水村の農夫ら二十人あまり集り熊を狩(から)んとて此山にのぼり、かの破隙の窟(うろ)をなしたる所かならず熊の住処(すみか)ならんと例の番椒(たうからし)烟草(たばこ)の茎を薪(たきゞ)に交(まぜ)、窟にのぞんで焚(たき)たてしに熊はさらに出(いで)ず、窟の深(ふかき)ゆゑに烟(けふり)の奥に至らざるならんと次日(つぎのひ)は薪を増し山も焼(やけ)よと焚けるに、熊はいでずして一山の破隙こゝかしこより烟をいだして雲の起(おこる)が如くなりければ、奇異のおもひをなし熊を狩(から)ずして空しく立かへりしと清水村の農夫が語りぬ。

■ある年の四月半ばの雪の消えた時節に、清水村の農民が二十人ほど集まって熊狩りをしようとこの山に登りました。
岩の割れ目の隙間の洞は熊の住処になっている筈だと、唐辛子や煙草の茎を薪に混ぜて、洞の前で焚き火をしました。
が、熊は出てきません。
洞穴が深いので煙が奥まで届かないのだろうとと思い、翌日は更に薪を増やして山火事にでもなるほどに火を焚きました。
しかし熊は出てこずに、山のあちこちから煙が出て来てまるでそこから雲が湧き出るかのような景色になった。
全く不思議な事だと思って、結局熊狩りは諦めて戻ってきた。
この事は清水村の農夫が語った話でした。

||おもふに此山半(なかば)より上は岩を骨として肉の土薄く地脈気を通じて破隙をなすにや、天地妙々の奇工(きかう)思量(はかりしる)べからず。

■このことを考えてみると、この山の上半分は骨格が岩で出来ているので肉となる土が薄いのです。
その為、地脈の気が通り易いので、結果として割れ目の岩だらけになったのではないか。
天地の仕組みと働きは、絶妙奇妙、人の想像力を凌駕するのです。

「校註 北越雪譜」野島出版より(P.46~47)

新編会津風土記魚沼郡之四に「ワリメキ山」とある。らしい。



別冊