別冊

雪吹(ふゞき)(北越雪譜)2/52018/01/31 22:38

北越雪譜初編 巻之中
   越後湯沢 鈴木 牧之 編撰
   江  戸 京山人百樹 刪定

 ○雪吹(ふゞき) 2/5

 余が住(すむ)塩沢に遠からざる村の農夫男(せがれ)一人あり、篤実にして善(よく)親に仕(つか)ふ。廿二歳の冬、二里あまり隔たる村より十九歳の娵(よめ)をむかへしに、容姿(すがた)憎(にく)からず、生質(うまれつき)柔従(やはらか)にて糸織(いとはた)の伎(わざ)にも怜利(かしこ)ければ舅姑(しうとしうめ)も可愛(かあい)がり、夫婦の中も睦(むつまし)く家内可祝(めでたく)春をむかへ、其年九月のはじめ安産してしかも男子なれければ、掌中(てのうち)に球(たま)を得たる心地にて家内悦びいさみ、産婦も健(すこやか)に肥立(ひだち)乳汁(ちゝ)も一子に余るほどなれば小児(せうに)も肥太り、可賀(めでたき)名をつけて千歳(ちとせ)を寿(ことぶき)けり。此一家の者すべて篤実なれば耕織(かうしよく)を勤行(よくつとめ)、小農夫(こびやくしやう)なれども貧(まづし)からず、善(よき)男(せがれ)をもち良娵(よめ)をむかへ好(よき)孫をまうけたりとて一村(そん)の人々常に羨(うらやみ)けり。かゝる善人の家に天災(わざわひ)を下ししは如何(いかん)ぞや。

 ・ ・ ・ 
 ○雪吹(ふゞき) 2/5

|| 余が住(すむ)塩沢に遠からざる村の農夫男(せがれ)一人あり、篤実にして善(よく)親に仕(つか)ふ。

■魚沼は塩沢の近郊のとある村の農家に、一人の息子がおりました。
実直で誠実な青年で、大変な親孝行者でした。

||廿二歳の冬、二里あまり隔たる村より十九歳の娵(よめ)をむかへしに、容姿(すがた)憎(にく)からず、生質(うまれつき)柔従(やはらか)にて糸織(いとはた)の伎(わざ)にも怜利(かしこ)ければ舅姑(しうとしうめ)も可愛(かあい)がり、夫婦の中も睦(むつまし)く家内可祝(めでたく)春をむかへ、

■その男は、二十二歳の年の冬に、【二里】ほど離れた隣村から十九歳の嫁を迎えました。
その嫁は、容姿は整い生れついての優しい性格でした。
【糸織(いとはた)】(糸作りや機織)も上手なので舅(しゅうと)姑(しゅうとめ)も、
とても歓迎して誉められ可愛がられました。
夫婦も仲良く一家はめでたく春を迎えました。

※【二里】:1.3キロメートル程かもしれません。
※【糸織】糸作りと機織(はたおり)は冬の女性の仕事となっていた。

||其年九月のはじめ安産してしかも男子なれければ、掌中(てのうち)に球(たま)を得たる心地にて家内悦びいさみ、産婦も健(すこやか)に肥立(ひだち)乳汁(ちゝ)も一子に余るほどなれば小児(せうに)も肥太り、可賀(めでたき)名をつけて千歳(ちとせ)を寿(ことぶき)けり。

■そして九月の初めには第一子誕生、安産のうえ男の子だったので、まるで掌に宝石を受けたような慶事でありました。
嫁も大過なく産後の肥立ちも良くて、母乳も呑みきれないほど、赤ん坊も丸々としています。
子供の名前は千歳(ちとせ)と、めでたい名前をつけてお祝いをしました。

||此一家の者すべて篤実なれば耕織(かうしよく)を勤行(よくつとめ)、小農夫(こびやくしやう)なれども貧(まづし)からず、善(よき)男(せがれ)をもち良娵(よめ)をむかへ好(よき)孫をまうけたりとて一村(そん)の人々常に羨(うらやみ)けり。

■一家全員が真面目で、田畑の耕しと機織(はたおり)仕事もよく努めます、
小さな農家ですが充分な生活が出来ました。
「孝行息子に器量良しの嫁さま、それに良い孫までなした」と村の人も事あるごとに羨ましがって話しています。

||かゝる善人の家に天災(わざわひ)を下ししは如何(いかん)ぞや。

■こんな善行の幸せな家庭に、災害が降りかかるとは、何という天の采配なのでしょう。



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yebijin.asablo.jp/blog/2018/01/31/8780076/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

別冊