別冊

160723_奥会津にて・莚(むしろ)編み2016/08/20 01:49

からむし織の里フェア風景
からむし工芸博物館にて

ロビーでは、村内に残っていた、莚(むしろ)編みの道具を出して、藁を使った莚(むしろ)作りの実演(と希望者は体験)をしていた。
ところが、この道具で使っていた実際の稲藁の長さなどは、誰もご存じなくなっているらしいのだ。

藁の莚(むしろ)作りワークショップ

160723_奥会津にて・莚(むしろ)編み










on facebook
藁の長さについての、皆さんの議論はとても深い話だと思いました。
みんなが、少し頑固に“おらほ”のやり方を知っている。



on facebook
「あわせて、おろして、トントン!」
そうだ、力でおろすのではないのです。
握りを水平にすれば、ストンとおりるのです。

ナマ須田さんに、お会いできました(^^;






160723_奥会津にて・からむし織の里フェア風景22016/08/20 02:21

2016年7月23日、奥会津昭和村。
からむし織の里フェア風景。

160723_奥会津にて・からむし織の里フェア風景2

元会津若松市長、現国会議員の菅家一郎さんが会場にいらっしゃった。
初めは、怪しげに(^^;


挨拶をして撮影許可を得ると、すかさずポーズをとって下さった(^^;


「facebookでトモダチにさせていただいている五十嵐です」とご挨拶。

facebookのコメントでしか、お話したことがありませんでしたが、覚えていてくださってありがとうございました(^^;。こら!











道の駅の駅長さんは、村の織姫の一期生。舟木さん。





160723_奥会津にて・からむし織の里フェア風景42016/08/20 14:53

2016年7月23日、奥会津昭和村。
からむし織の里フェア会場。

農具を展示販売している出店もあった。

160723_奥会津にて・からむし織の里フェア風景4
on facebook

これですね(^^;
これの錆びた農具がずっと前から、倉(小屋)の中にあったのですが、その用途も知らなかった。

草かじり」というのだそうです。
ということを、今年になって(先月あたり)facebookで知りました(^^;

でも、それに気づいたとたん、こうして田舎のイベントでは、農具屋さんなどが出店をしていて、昔の道具ではないことに気づいたのでした。
(これは、2016年7月23日、昭和村「からむし織の里フェア」で見つけた(^^;)

それで、先月に恐る恐る使ってみたのでした。




確かに「ヨキ」には、4本の筋がある。



ネズミ(ハクビシン?)捕り用トラップ。


左利き用。


出口(入口)そばの「老人会」のブースで声を掛けられて、座り込んで勧められるがままに。
ごちそうさまでした(^^;


別冊