別冊

151123_奥会津にて「通俗民権百家伝」2015/12/24 23:46


座敷の書棚に明治時代の本(和綴じ)が4、5冊、何気に入っていることにしばらく前から気づいていた。
「日本外史」が数巻と「通俗民権百家伝」。

この本は、「通俗民権百家伝」という本。
カバー裏には紙が貼り付けてあって、そこに手書きがある。


小中津川村の、束原福松氏と湯田熊太郎氏が、この本を貸し借りしたのか、それとも売買したのか、
どうも、その3頁部分の記載も、その頁中に追記したらしい文字も、同時期ではないようなのです。
それで、この本の最終所有者の判断がつかないのですが、現物は、束原福松氏の子孫の家にあります(笑)。


151123_奥会津にて「通俗民権百家伝」

福島県岩代国大沼郡小中津川村 とある。



会津大沼郡小中津川村 とある。
明治十六年と明示記載。


福島県大沼郡小中津川村 とある。
此本何方へ渡り候しとも
持主宛
御返し被下候也?



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yebijin.asablo.jp/blog/2015/12/24/7960799/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

別冊