別冊

150331_奥会津昭和村・大芦2015/04/12 22:43


150331_奥会津昭和村・大芦
大芦集落の入口、正面は大芦の愛宕山。



数年前(もっと前かも)から廃屋となっている家。
ついに雪の重みで、屋根がひしゃげる。
屋根がひしゃげるということは、その元の家の柱も傾いてしまっているのでしょう。



放置しておくのか、と、訪問者が言うのはたやすい。


大芦家も定休日だった。

集落内を同じ道をUターンするのもいやなので、数少ない通れそうな道を曲がってみた。






横道に入ったら、スミ姉が歩いていた!
車から降りて、ご挨拶。


からむし織の里の祭(イベント)では、いつも遭遇します。
立ち話ではなく、道の端に腰掛けて、久しぶりに話をしました。
スミ姉は、掲載子の母の同級生。
今年の冬は、村内の「カラムシの手編み帽子作り」の先生などで活躍していらっしゃいました。

「にっしゃは、会うたびにいっつも写真を撮ってんが、オレ(わたし)はそれを見たことがねーぞ」
「すみません、今度大芦家にでも持ってきます」
いつのことやら、と言われそうな挨拶をすると、「オレの写真は大芦家にも、生徒(手編み教室)が、持ってきてくっちぇんのや」
たじたじです。お元気で!



昔の「公園」、大芦、佐倉、喰丸、両原集落に繋がる道路の交差地点ちかく。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yebijin.asablo.jp/blog/2015/04/12/7610075/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

別冊