別冊

150919_奥会津へ・田島町にて2015/10/01 02:12


150919_奥会津へ・田島町にて

〔on facebook〕
一部誤記訂正でコピペ(^^;

 彼岸に帰省したときに、会津田島のスーパー(イトーヨーカドー)で見かけたのが、「黄貴妃」でした。それで、以下の箇所を想起して「後で抜書きしよう」と思って写真も撮ったのです(^^;

|| もゝは色々数がきりなく品多き物にて、花実の勝れて珍しきをのせて、余は記さず。
||先づ伏見のさもゝ、五月もゝ、大うす桃、此等の三色勝れて味ひよし。
||彼地の名物なり。
||又西王母(せいわうぼ)と云ふはむかしより名を得て大(ふと)き桃なり。
||鎧どをしとて甚だふとく見事なるもあり。
||又冬桃あり十月熟す。
||味も色も夏桃にかはらず珍しく見事也。
(『農業全書』岩波文庫・宮崎安貞/貝原益軒 p.277)

どうも、桃は元々、彼地(中国)からのもの(桃)のようですよね。

しかし、この本は元禄十年に公刊されたとの由、その後日本国中に江戸時代末期まで流布せるとのこと。だがしかし、この本の刊行に先立つ10年ほど前には会津の佐瀬氏の記述せる「会津農書」という書物がある。
日本国内の農書としてはそれ「会津農書」が嚆矢となるべく書物なのです(だそうです)。
その本は会津地方においては山間僻地の奥会津の村の篤志家(例えば大沼郡野尻村(現昭和村)松山の佐々木氏)は、書き写していて唯一冊の書写本が各地にあるというのです。

その本「会津農書」に桃のことが書かれているかは管見にして知らず也。
誰か、探してください。わたしには、恐れ多くて、書き写して能書き垂れが出来ないのである(((^^;


赤かぼちゃ。



彼岸のお仏壇への奉(あ)げ申し物。ドライフルーツのようである。
なるほど、これだと、トカイからお彼岸に来た人におすそ分けすれば、お土産にもなる(^^;←こら!

150919_奥会津へ・国策電力2015/10/01 02:28



150919_奥会津へ・国策電力

本日は一日雨もよいで、寒い。
明るい時間も手伝い仕事もせずに昼寝していた。
夜もさっさと早めに部屋に戻った。
何気につけたテレビで、終戦後の国策電力の話を放映していた。

見ながら寝落ちした。

150920_奥会津・朝散歩12015/10/03 10:54


150920_奥会津・朝散歩1











しばらく前に、K氏にお会いしたときに、
「あそこの畑に石がありますよね?」と尋ねられたのが、この石だと思う。
何度も歩いている場所なので、それらの石を見かけた記憶はあるが、気にも留めなかったのです。
その畑のすぐそばの道の反対側には、墓地として墓石が集合されている、「本名家」と「栗城家」が主である。
道を隔てただけで、この石は、その墓地域に集合されていないでポツンと残されている。同氏はそのことに気づいたので、何だろうと思われたかも知れない。

わたしも妄想が働いた。ひょっとしてこの石は境の石かもと。
そう思った理由は、今回の帰省で聞いた話があったから。
向かいの山すそは、共有地ではなく、小中津川集落の近所の各家のテリトリー(実質所有権)があるというのです。
左の大きな木は杉の木です。
そして、3月に亡くなった亡母(義母)は、「あの杉の辺りに石が置いてあったはずだ」と言っていたというのでした。
そんなことから、この石とどこかの基準点(それが判らない)とを結べば、山すそにある(といわれる)石も見つかるのではないかと。
・・・後で続けます(^^;





















奥会津昭和村は、2015年7月19日から本日まで、時が止まっていたらしい(^^;
前回も、341日でした。

150920_奥会津・朝散歩22015/10/04 15:12

2015年9月20日、朝。奥会津昭和村。
小中津川から下中津川。



熊野神社にて

150920_奥会津・朝散歩2





























気多神社
盆踊り櫓(やぐら)






これも赤かぼちゃ。


4、5年使った畑の手柴。
手柴の採取は、雪解けの頃。




150920_奥会津にて・稗抜き作業など2015/10/04 23:08

150920_奥会津にて・稗抜き作業など


150920_奥会津にて・稗抜き作業など
〔on facebook〕
150920昼顔
畦道の脇に、昼顔が咲いています、ほんのり桃色が入ってますが殆んど真っ白です。午前中の時間でした。白い昼顔は初めて見たと思いました。
ふと近くをみると、紫露草が咲いている。
ははん、午後になると、この青色が移るんだな。
偽奥会津物語、なんちゃって。





田んぼに引いたホースと水漏れ止めの波板片付け作業をしていると(いかにも仕事をしていたという説明)、モリオさんが農道を軽トラで通りかかって声を掛けてくださった。
荷台には、大きな木と枝を積んでいた。
葉っぱだけを見て「あれ、グミの木ですか?」
ブッブー、「これはミズノキだ」とおっしゃる。
正月(小正月)に団子挿しに使う木です。
毎年、背丈ほどにもなる手ごろな大きな枝を伐って、部屋の柱などに結わえ付けて、その枝に団子や飾り物をするのが「団子挿し」です。

大きくなりすぎたので根元から伐ることにした。との事でした。
枝が赤い木です。幹がこんなに太くなることも知らなかった。






150920_奥会津にて・御近所2015/10/11 09:53

2015年9月20日、奥会津昭和村小中津川にて。

150920_奥会津にて・御近所










150920_奥会津にて・収穫など2015/10/11 09:57

2015年9月20日、奥会津昭和村小中津川にて。

150920_奥会津にて・収穫など




小豆(あずき)の鞘(さや)は、乾燥させてから踏みつける。











150921_奥会津にて・朝散歩12015/10/11 10:32

2015年9月21日、朝。
奥会津昭和村小中津川から、佐倉。

150921_奥会津にて・朝散歩1









からむし畑の隣にかやぼっち。



佐倉、からむし織の里。

















佐倉。


赤かぼちゃ














150921_奥会津にて・朝散歩22015/10/11 10:44

2015年9月21日、朝。
奥会津昭和村喰丸まで。

150921_奥会津にて・朝散歩2











150921_奥会津にて・朝散歩32015/10/11 10:47

2015年9月21日、朝。
旧福島県大沼郡昭和村立喰丸小学校あたり。

150921_奥会津にて・朝散歩3












別冊