別冊

150719_奥会津/大芦にて2015/08/12 03:57

2015年7月19日。
奥会津昭和村の「からむし織の里フェア」のイベントの一つ、からむし畑とカスミソウ畑見学ツアー。
今回は連日参加させていただいた。
昨日は予習、本日は復習、のつもりで(^^;
コースおよび以下の写真も、昨日のブログとほぼ同じです。

150719_奥会津/大芦にて
昨日うまく撮れなかった、大芦山崎(和久沢?)の丘。

この丘が、竹島さん(先日都内で開催していた奥会津の写真展でお会いした)がおっしゃった場所だと思う。
「大芦の小高い丘にとてもきれいな桜が咲いていました」と。



2本の木が見えるその右側に大きなエンジュの樹が今年の春まであったのです。
今年5月に歩いて移動したときにたまたま切り株を見つけたのでした。
バスで通過したので、その場所を写せなかった。
数年前に、小中津川の診療所の取壊しがあり、その庭のケヤキとイチョウの木(一緒にくっついていた)が伐られた跡を見たときと同じ衝撃でした。
おそらくその木の根も掘り返されたのでしょう。

というのは、診療所跡の敷地の後日談。
診療所跡のケヤキの木は伐られてしまえば取分け銘木というわけでもなし、その後はおそらく普通の木材として処分(材木として売られたかチップ工場にでも搬入されたか)されたのだろうと思います。
さて、その根っ子は、更地とするには掘り返すしかないはずですが、後から出てきた根っ子だけを運ぶのも大変らしい。
それに売れる訳でもないらしい、よくしたもので、ご近所の「集めるのが好き」らしい某氏がご自宅の置場に引き取ってくれたというのです。
放置(場所があるのでただそこにおいてある)には違いないが、物(ブツ)として残った訳である。
その更地(現在はまったくの更地のまま)にいつか何らかの記念構造物が設置されるかもしれない。
その根っ子が再びオブジェとして復活するかも知れないし、またはこんな発言が、好事家の目に触れて高く売れるかもしれないのだ。
そしたらそれは、奥会津昭和村の新たな昔話が生まれるかもしれないかもしれないではないか。ま、それはないにしても(笑)。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yebijin.asablo.jp/blog/2015/08/12/7731632/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

別冊