別冊

150718_奥会津/からむし織の里フェア会場22015/08/07 23:07

2015年7月18日。
奥会津昭和村の「からむし織の里フェア」織姫交流館内特別公開作業風景。

紡ぎ、糸縒り、織る。
本日の3人の先生(ばあちゃんたち)。

150718_奥会津/からむし織の里フェア会場2
みつ子姉(五十嵐みつこさん)、大芦。
「大芦だったら、『塩屋』っていったらわがっか(わかりますか)?」
あ、あの山崎の!橋の傍の!、喰丸の!ふみの先生の!
と、記憶が繋がっていくのでした(^^;



たけの姉(栗城たけのさん)、下中津川。











なみえ姉(五十嵐なみえさん)、大芦。


奥会津では、女性の呼称は「○○姉」、男性の呼称は「○○兄(あんにゃ)」と呼びます。
または、年代の近い友達の父母であれば、「友達の名前+とうちゃん」「友達の名前+かあちゃん」と呼ぶ。
この御三方(おさんかた)の先生は、お生まれは昭和3年から5年あたりです。
つまり、85歳から87歳です。
達者です、全身を使っての作業(特に糸車を使った糸縒り、じばた織り)をこなしてしまうのです。
そのうえ、口も達者です(笑)。


「ここにビー玉を入れていませんでしたか?」
今はいんにぇな(いまは入れない)」
入れると引っかかったり、ビー玉が片方に固まって重くなる、というのです。
この「今は」は昔と比べた今か、季節としての今か、確認しそびれました。





コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yebijin.asablo.jp/blog/2015/08/07/7727678/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

別冊