別冊

150718_奥会津/からむし畑(大芦)2015/08/06 01:38

2015年7月18日。
奥会津昭和村の「からむし織の里フェア」のイベントの一つ、からむし畑とカスミソウ畑見学ツアー。

150718_奥会津/からむし畑(大芦)







からむしの刈取り。
ツアーの時間に合わせて、昼過ぎの作業となっていますが、普通は昼の時間に刈取りをすることはないそうです。
そして大抵は早朝または夕刻に作業をします。
その収穫量は、刈取った茎を一日に原麻にする(苧引き)分だけ刈取ります。























刈取られたからむしは、枝葉をこそげ落とし、二種類の長さに切断される。
親苧(おやそ)と影苧(かげそ)とよぱれる。
影苧(かげそ)と呼ばれるものが、枝も少なく真っ直ぐなもので、原麻としての最上品候補となる。
影苧(かげそ)の枝は、手で一回こそげると、きれいに取れてしまう。
親苧(おやそ)は少し太くて、枝も一回ではこそげ落とせない。
つまり、原麻にした時に枝(節)の部分が少しは欠落があるのでしょう。




それを分けて、尺棒に合わせてそれぞれの基準の長さに切断する。
ここで切断された茎や枝葉は、そのまま畑に残(うっちゃらかすともいうが、畑に戻すともいう)される。
つまり、不要なものは次工程に引きずらないのです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yebijin.asablo.jp/blog/2015/08/06/7725866/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

別冊