別冊

150508_千石沢風景22015/06/21 01:46

2015年05月08日のことです。
佐倉集落から大芦集落をつなぐ千石沢散歩の続き。


150508_千石沢風景2




歩いている途中で、通過(追い越されたり、前方からすれ違ったり)した車は、5、6台はあったか。
歩いている人には一人も会わなかった。





そろそろ峠の頂上部に近い、小屋の原近く、少しだけ見通しのきく直線道路がある。
と、対向してきた車が止まった。
「おーい」
「ん?」
「こんなところを歩いている人はいないのに、まさかジンではあんめぇ、と思ったら!」
同級生のヨシユキだった。
彼も、昭和村に住んでいるわけではなく、茨城県に在住している。連休でたまたま帰省。
「母が下中津川の美容院に行っているので迎えに行くところだ」というのです。
「帰りに拾ってやっから」と言う。

ええい、ここまで歩いてきて、車に乗せられてはたまらない(^^;
嬉しいが、ここまで、ぶらりぶらりと歩いてきたわたしのペースもある、大芦家で会うことにして、すれ違うことにしたのでした。


150508_公園ちかく2015/06/21 02:09

2015年05月08日のことです。

150508_公園ちかく



この地は、大芦から両原、喰丸、佐倉集落のどちらにでも繋がる道のある、中間地点。
境の地でもある、峠の頂上部にあたるので、小中津川の先まで見通せる場所がある。



「清中露戦病没者」と読める。





ここまでくれば、あとは下りだ。


150508_大芦集落へ2015/06/22 02:17

2015年05月08日の撮影です。

(2015年6月22日掲載:ブログ掲載は、どんどん遅れてしまいいました)

150508_大芦集落へ



さて、私の心の風景は、福島県昭和村大芦の追分の地から坂を下って、急カーブを曲がりはなで見えてくる家の屋根と、そのカーブを曲がっていくとずんずん見えてくる愛宕山と集落の全景です。

すみません、テレビでたまたま2015年6月21日に見た火野正平さんの「こころ旅」が福島県喜多方市でそのお手紙の投稿者の方が、昭和村大芦在住のN子さんでした。
N子さんは、喜多方市のあるカーブを曲がると見えてくる生まれた地の山々と田んぼの風景について書かれていました。上の文章はそれをまねて作文しました。すみません。

N子さんは、昭和村に織姫としていらっしゃって、からむし関係の仕事をされて昭和村で結婚し「大芦」に住まわれています。
喜多方市の「豊芦」から昭和村の「大芦」へ。
おそらく、この大芦集落へ入る「急カーブ」を通るたびに、生まれた地の「急カーブ」も思い出されていらっしゃるのではないか。
ついつい、そんなことをしみじみと思ったのでした。いったいわたしは何を書こうとしているのでしょう。こら!
すみません。

150508_大芦にて2015/06/26 00:46


150508_大芦にて













土壇場















「雪庭明白」
愛宕山下の腰巻の墓場、おそらく大芦集落で一二を争う広い墓場。
墓石(新旧あり)の並ぶ斜面の手前、つまり道路脇に並ぶ石群。
「雪庭明白」、風流な四文字でもある。
その隣の左も右も読めそうだが、読めない。

これらの石は、本来の墓石(もしくは石碑)だったのだろうかと、ふと気づいたのでした。
ひょっとして、石工さんたちの、屋外展示場(ショールーム)だったなどということは、なかったろうかと、不遜なことを。


こちらは、「雪圧崩壊」
決して風流ではない、過疎地、居住者のいない家屋の現実がある。

途中では、ここ数年訪問の度に写真を撮った槐(えんじゅ)の木が切られていた。
そのことを大芦家で話したら、誰もその「槐の木」のことは知らなかった。
生活者が見る風景と、時たま訪ねる(私のことだ)よそ者とが見る風景とはおのずと違う。
思い入れも、その差がでてくる。
ま、当たり前と言えば当たり前。

150509_朝(奥会津昭和村)2015/06/26 01:33

2015年05月09日の朝の散歩。
小中津川。

150509_朝(奥会津昭和村)







「くま石」のこと。


今回の奥会津昭和村行きでは、大きなトピックを、ほとんどすっ飛ばしてしまった。
このブログに掲載している写真のほとんどは、デジカメの画素数をほとんど最低にして写したものをPCに入れてあって、それをアップロードしています。

今回、携帯利便的画像録画録音即時全世界的通信装置兼旧態継承電話装置(スマホともいう)を携帯してしまったので、ついついデジカメの代わりにその装置で撮影して、facebookに即時アップロードしてしまったりしたのでした。
なにがベンリなものか!
後で、どうやって統合して整理しようか、いまだに決めかねている。

はい、月遅れ遅延掲載の言訳でした。
(2015/06/26記)

150512_あさがお2015/06/29 02:33




150512_あさがお

150513_空海の書2015/06/29 02:35



石川九楊さんの話は、面白い。

150513_空海の書





















150515_備忘2015/06/29 02:40


150515_備忘


かぷらな 農業全書

150516_木地師の記録映画2015/06/29 03:00

150516_木地師の記録映画

民映研製作の南会津の木地師の映画の映写会。
ジブリのかぐや姫と同じシーンとかもあるらしい。
もう満席かもと思いながらも気になった。
当日になって、問い合わせたら空席ありというので出かけてみた。

150516_木地師の記録映画



映画のあとで、参加者と菅家博昭さんとの懇話会。
奥会津昭和村大芦のろくろ製品(お椀と神様に供える器)をご持参。

いきなり振られて慌てる。
〔1〕轆轤(ろくろ)の円運動は同一方向回転ではないこと、と、
〔2〕神様には完成品を供えないのではないか、と、
思い付きの感想を述べたが、後で考えたら、ひょっとして深い意味があるかもと自分で感心した。

が、〔2〕については、後日に同氏の現地調査で、いとも簡単に仮説(与太)をひっくり返されました(^^;

別冊