別冊

「見本市in恵比寿」8日目2011/02/22 23:09

「見本市in恵比寿」8日目

開催中です。24日まで。
からむしの里・奥会津昭和村の「第二回からむし織見本市」。
「エビス・ギャラリーコウゲツ」東京都渋谷区恵比寿1-5-2-205 会期:2/15(火)~2/24(木) AM11:00~PM7:00 入場無料。

「見本市in恵比寿」8日目

朝一の会場で、奥会津のことにむちゃくちゃ詳しいお客様がいらっしゃっていた。
中野区にいらっしゃりながら、(特に)奥会津地域の再生運動をしていらっしゃる方。
奥会津は数え切れないほど訪ねていらっしゃる。
一般論の総論ではなく、話は地名やお会いした市町村長や地元の設備施設、微に入り細に渡る。
具体的かつ迫力に圧倒される。



夕方、本日は会場担当の交替で、H氏一名だった。
最後の黒豆もご購入。たまたまH氏と「かおり米」の話をされていた。
H氏が「疎い」というので、ついつい思いついた(聞いたことのあるようなうろ覚え)説明をしてしまった。
「かおり米は、昔から伝わる特別に栽培された米です。主食としての米ではないのです。従って米粒も小さくいびつです。
量産もできません。神社などでのおまつり(祭事)用などとして栽培されたものらしいです。
その稲の種籾をわざわざ残して、栽培されたそうです」。ほら話だったかも知れません。ゴメンナサイ。
この方は、千石沢の関さんのお知り合い(後でわかった)。この方も何度も何度も昭和村を訪
ねられた方。早晩、かおり米の真実は判明されるであろう。


先日に母親が一度いらっしゃって、頼まれて、手編みのショールをお求めにこられたという方。
同じものが2枚とないので、その母親(依頼者)がどれに目をつけられたのかがわからない。
「写メール」で確認していらっしゃった。


「ネコ用またたび」である。わたし(本ブログ掲載者)は初日から確信を持っていた。
絶対に売り切れる!そして、本日最後の一袋だった。


オーラスの一品。実は、わたしが買いました。
今だから打ち明けますが、この「ネコ用またたび」は定価200円也です。
自宅でネコ飼ってません。ご希望の方に差し上げます(^^;





■おまけ
帰宅後、何気に朝日新聞夕刊を見ると、「メディア激変215『どうなる地デジ4』」
記事は「奥会津」昭和村を取材した記事でした。


〔「村の全戸に光ファイバーを引く」馬場孝允村長(67)の決断だった。〕
夕刊記事によると、「メディア激変」の明日の続編も昭和村記事らしい。
朝日新聞様、2、3行本文記事を詰めて、ついでに「からむし織見本市」の宣伝してください(((^^;


■お断り■本ブログは開催主催者による掲載ではなく、あくまで個人的感想による自発掲載です。
別冊