別冊

からむし織の里『秋味まつり』2010/10/30 22:26


からむし織の里『秋味まつり』
確かに、去年より少し色が、






近所のおばちゃんたちが、秋味まつりに向かう。
途中の景色にいちいち話(感想)をしながら歩いている。
わたしも徒歩、追いついてからは追い越さないように話を聞きながら、ゆっくりと。
ばあちゃんたちの歩く早さの観察眼は鋭いのである。





■からむし織の里『秋味まつり』風景





























■帰京



田島駅にて。
冬瓜(トウガン)のひとつひとつにレシピをぺったんぺったん貼り付ける手間隙。
湯田さんちの心遣い(営業力(^^;)でありますね。
「よそもんが、料理できるものなら作ってみろ!」といった野菜もあり、
それはそれで観光客がビックリする(里芋の親いもとか)だろうから良く見ると楽しいぞ。





沿線の線路際の漆、、



熊よけの鈴。




コメント

_ 昭和村大好きウスイより ― 2010/10/31 12:11

“けんちんそば!”はいかがでしたか? 雪も降り、きのこ狩りもあと数回でおしまい。この秋は色々とらせていただきました。JIN様、昭和の皆様、山の神様ありがとうございました。

_ 恵比塵 ― 2010/11/01 00:55

「新そば」なのでザル蕎麦で食べたほうがよかったかもしれません。
おいしかったのですが、「けんちん蕎麦」としては少しオブジェクションがありました。
「油の浮きが足りない」「汁が薄い」「ゴンボの味が無い」「ソバツユを足さないでツユまでささっと平らげてしまえる」。
帰りに話したお客さんは「都会向きにしたのかしらね?」と言っていました。
または「新そば」の香りを狙ったのでそうなったのかも知れません。
よそのお客様の感想ということにしておきますが、わたしも一部は同じ感想です。
お祭りのワンコインのソバに文句を言ったら叱られます(笑)。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yebijin.asablo.jp/blog/2010/10/30/5457944/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

別冊