別冊

5月2日、小中津川散策2010/05/09 03:18


5月2日、小中津川散策
小中津川、気多神社。


小中津川、気多神社。土手(柵)の長さを実際にメジャーで実測する博昭氏。
メジャーは、ロール状巻取りのリール型で、50mほどもあるのではないか。
私が端っこ(基点)を押さえて、博昭氏が徒歩で動いていく。中間地点から測ったので一辺が15m+15m、とのこと。

気多神社境内後方の石の祠を観察。切妻上部の意匠に注意。


ひとつの石祠は宗像神社の護符が納められている、もうひとつの石祠には雷神の石像が鎮座していた。
このことは、後でとても重要な意味かがあるらしいことを、Twitterで示唆された。

神社裏の古木。太い根が左右に伸びて、結界を示している。


野良仕事の手伝い、ジョリンで堀を削ったらカエルが出てきた。


田んぼまで、塩ビのパイプを曳きまわす。


今回のジョイントを来年用に写しておく(笑)

同上


一斗缶を利用した箕(み)。よく見かける。元々の本体部分は木の皮を使う。
枠の材質に昔ながらの手作り感が残っている。


ばぁちゃんの子供と孫たちが集まる。久しぶりの賑わいに笑顔。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yebijin.asablo.jp/blog/2010/05/09/5074100/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

別冊